第2回シンポジウム開催のお知らせ

0701

ヨーロッパのアニマルウェルフェア畜産の近況と日本畜産の課題

オランダとスイスにおけるアニマルウェルフェア畜産の現状

開催日時:2017年7月1日(土)13時~18時

主催:AWFC Japan

会場:日本獣医生命科学大学 B 棟5 階511 教室
〒180-0022 東京都武蔵野市境2丁目27−5(JR 中央線武蔵境駅徒歩3 分)

資料代   1,000円(懇親会費別途)

申込方法:以下の内容を書いていただきメールもしくはFAXにて受付(各種お問合せもこちらまで)

mail boohoowoofarm@ybb.ne.jp

fax0551-23-4312

  1. 所属・お名前
  2. 電話番号
  3. メールアドレス
  4. 住所
  5. 懇親会出欠
  6. 今後のお知らせの有無

申込締切:6月25日午前中

詳細PDFはこちら


”オランダのアニマルウェルフェア畜産の動向“40 分(13 時-14 時)

松木洋一(日本獣医生命科学大学名誉教授)

オランダについてのパネルディスカッション;60 分(14 時-15 時)

“日本の生産者が見たオランダのアニマルウェルフェア農場”

2017 年度オランダAW 農場への視察生産者代表のコメント

(採卵鶏視察者1 名、養豚視察者1 名、流通業視察者1 名)

~休憩10 分~
“スイスのアニマルウエルフェアと有機畜産の動向”40 分(15 時10 分‐15 時50 分)

大山利男(立教大学准教授)

パネルディスカッション90 分(16 時-17 時30 分)

論点“ヨーロッパの現状から日本のAW 畜産の課題を考える”

植木美希(日本獣医生命科学大学教授)

ファッシリテーター 大木 茂(麻布大学教授)

懇親会 2017 年7 月1 日(土)午後6 時~8 時 大学生協or 近接の割烹店