2016年10月21日

【東京】磯沼ミルクファーム

代表 磯沼正徳氏0826

http://isonuma-farm.com

 

磯沼ミルクファームについて

磯沼牧場は家畜福祉アニマルウエルフェアの考え方を取り入れ、乳牛の命の尊厳と自主性を尊重した牧場です。
育成牛は放牧場で牧草を自由に食べて運動したくましく育ちます。搾乳牛は牛舎の中で放牧され干し草を自由採食、飲み水は牧場地下50mから汲み上げられた天然水を、沖縄より取り寄せた化石サンゴの粒子をフィルターにまろやかで海のミネラルたっぷりのおいしい水を飲んでいます。
コンピユータ利用個体識別式自動給餌機アルファフィードⅡにより24時間、少量多回給餌を可能にしております。
自家牧草地からフレッシュな牧草を給与、都市近郊の食品工場から牛の喜ぶエコ飼料も給与しております。
搾乳牛フリーバーンにはオートマチックカウブラシを設置、自由にブラッシングで見繕いができキレイ好きな牛が増えています。
牛舎のベッドにはコーヒー工場・チョコレート工場よりとり寄せたカカオ殻・コーヒー皮・豆・粉を毎朝1000kg以上撒いています。朝はコーヒーの香る牧場になります。また出来たたい肥は完熟コーヒー牛糞たい肥となりよく効くたい肥として評判です。
今まで余りものとしていた糞尿は完熟たい肥として農家・家庭菜園・学校農園に喜ばれる肥料となりました。

 

images-2代表メッセージ

牛と人の幸せな牧場、街の中の美味しい楽しい牧場目指しチャレンジしております。
家畜福祉アニマルウェルフェアを学べる体験牧場を準備中。
ホルスタイン種、ジャージー種、ブラウンスイス種、エアシャー種、ガンジー種を飼養。最終的には7種の乳牛を同時飼育し、種の多様性と家畜福祉の考え方による飼育方の確立を目指します。

乳しぼり体験教室、バターつくり・子牛の散歩オプション。モッアレラチーズ作り体験教室なども開催しています。
牛と人の幸せな牧場、街の中のおいしい楽しい牧場めざし地域に貢献できる牧場を作っていきます。

「AW現況と自主的3ヵ年改善計画書」